(注) PCをご利用の方で上段に14個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここ 「ホームに」をクリック ボタン列が現れます   最初のスタートページに戻る場合は以下の文字列 スタート トップに」を クリック 戻れます

トップ・バー


見出しトップタイトル ≪占い、運命学に頼りすぎるは愚かなるも かといって馬鹿にするのもまた愚かである≫

見出しタイトル ≪占術はその用途により下表のように「命・卜・相」の3つに大別されるが、原則的に「命」でもって「卜」したり、あるいは「卜」をもって「命」を見る事は機能的にも無理があり、「相」もまた然りである。  要は2つ、3つの占術を使い分けてこそ色々な問題の真実に近づけるのである≫

占いの用途別分類と簡単なその説明
ひと言で運命学といっても多種多様であり、いわんやその占術の種類となれば雑占を含めて枚挙に暇(いとま)がないほどの多きに及ぶのであるが、古来よりこれを用途別に判り易く 区分するに概略以下のようにつのカテゴリーに整理されるのである。

(めい)
「命」とは、生年月日と生まれた時間を基に生まれながらに備わるところの先天運命を推究することで、その者の全体像を把握するための運命学。

四柱(しちゅう)推命学、紫微斗数(しびとすう)、西洋占星術(その時々の天体図を描いての)等々がこれに該当する。

(ぼく)
「卜」とは、「命」とは別に生まれた後の進路選択で生じる吉凶得失を判断し、少しでも有利な出処進退を探る撰吉のための占術、あるいは運命学。

易、気学(方位学)、タロットカード、奇門遁甲(きもんとんこう)、六壬神課(りくじんしんか)等々がこれにあたる。

(そう)
「相」とは、すでに形あるものを鑑定し、そのあるがままの形から吉凶を判断する運命学で、流動的な「相」と固定的な「相」に分けられ、活用は「命」と「卜」の中間に位置しますが「命」に寄り添った判断法となる場合が多い。

流動的な「相」には、手相、人相、骨相、等々があげられ、時間の経過と共に形は少しづつ変化することを含めて判断される。
また固定的な「相」には、家相、墓相、地相(風水)、名相(姓名判断)、印相、等々があり、形を変更することは可能だが自然に変化はしない前提で鑑定。



知っておきたい占いの種類と利用法
上記の如く、運命学は古来より体系的につに区分されるが、その内容にいたっては市販されている数え切れないほど雑多な関連出版物や、今迄にも幾度となく流行した色々な占いを含め、いささか玉石混淆の感は否めない。

しかしこれら雑多な占術の数々を上記
つの分類法とは別に、その運用法によって大きくつに分けることも出来る。

その
つは、生まれながらの宿命的ともいえる「先天運命」を出来る限り解きあかそうとする占術であり、それを知ることで個々人の将来的な可能性としての「開運力」や社会的な「適性」等が推断され、これにより客観的な自分自身が確認されるのであって、これをベースに「自分の身の丈」に合った無理のない生き方を見つけるための手段、あるいは手助けとしての「推命法」であろう・・・。

これを代表する運命学として四柱推命学、紫微斗数、西洋占星術(きちっと天体図を描いての)等があげられ、特に本格的な四柱推命学は奥も深く、自分を知る手段としては最も適切、かつ哲学的でさえあるといえる。


そしていま
つは、進学、就職、結婚、赤ちゃん誕生、命名、さらには マイホーム購入、引越し、あるいは転職、失職、別離、等々、人生の節目々々で積み重ねられていく 出処・進退が、その時々の有利、不利として「後天運命」を作り出すのであり、これら岐路に立たされたときの決定を少しでも誤りなきように判断する選吉のための「占断法」である。

これら占術を代表するものに、易、六壬神課、奇門遁甲、方位学、タロットカード、少し使い方が異なりますが家相、墓相、人相、手相、印相、骨相、姓名判断、地相(風水)等々雑占を含めて多種に及ぶのです。

この生まれながらの「先天運命」と、後から選択され、決定されて積み重なっていく「後天運命」との二つで形成されるところのものを一つ「運命」と定義し、人それぞれが誕生して死ぬまで歩む「人生」の、文字通り「命の運(めぐ)り」となって吉凶・禍福の事実が結果として積み重なり、そして運命が個別化されていくのである。



見出しタイトル ≪占いは先ず事を実行する前に利用しよう ・・ 事後ではそれだけ選択肢も限られ自由度が狭くなる≫


占う時期の有利・不利
当然のことだが、家を建てた後からの「家相の吉凶占」、結婚をした後の「相性吉凶占」、赤ちゃんに名前をつけた後の「名前の吉凶占」、引越しをした後の「方位占」・・・。

さらには会社を辞めた後の「転職吉凶占」、起業をした後からの「独立吉凶占」等々、これらはすべて事後、すなわち決断を下した後の占いである。

そしてその多くがあとから都合が悪かったからといってすでに決断・進行している問題でもあり、なかなか簡単に決断前の状態に時間を “巻き戻し” てやり直すことが出来ない事柄でもある。

進学、就職、結婚、出産・命名、新築、独立起業、転職、等々・・・ これらはすべて最初の一歩は祝い事であり、人生上で起こり得る結構身近な出来事であると同時に、かつ一生を支配するほどの重要事項でもある・・・。

すなわち、最初の選択に誤り多ければたちまちにして暗転してしまう事柄ばかりであり、実際そのような事例は枚挙に暇
(いとま)がないほど身の回りでも起こっていることは、いまさらここで改めて申し述べるまでもない人生上で起こり得る現事実でもあります。

何事もそうであるが、いったん決定して動き出したことは、すべてがその方向に向かって走り出しているのであり、もしこれらを無理やりにでもいったん “リセット” し、最初に戻って一から出直そうと思えばおそらく三倍以上のエネルギーを要するであろう ・・・。

そしてそれだけのエネルギーを振り向けても、なおかつ最初のボタンのかけ違いが訂正されて白紙から再出発できるとは限らないのである。

しかし、もしこれらが
「事後」ではなく、「事前」になされていたら?・・・ 一つ一つの選択肢も広く、かつ変更も自由であり、より自分にとって有利な選吉が可能となるのである。

「運が良い」ということは、このように選択の自由が利
(き)くということでもあり、逆に言えば事後、事後と追い詰められた決断は選択肢に自由度がなく、まさに「運」が停滞し、行き詰まって行く「悪い運気」の只中に我が身が置かれているということでもあるのです。

だからこそ、せめて事前に選択ができるうちに、このような一生にそう何度もない重要なことぐらいは、かけがえのない自分への、あるいは家族への安全に対する「保険」だと思い、しかるべき専門家の意見にも「投資」しておくべきと思うのだが ・・・。

それこそがやり直しのきかない「オンリー・ワン」の我が人生に対する “転ばぬ先の杖” であり、前もっての賢い選択のあり方といえるのではなかろうか。


見出しタイトル ≪何事も「吉・凶」は動くことから発生するのであり、故に動かざるときはその吉凶の作用も緩慢となる≫

出処進退

出会いの吉凶
吉凶は「動」より生ずるのであれば、吉運のときは積極的に動き、逆に凶運のときはみだりに動かないのが定法である。

毎日は普通の活動に努め、志望は雌伏して吉運が来たるを待てばよいのである。
いつ動き、いつ止まるかの手がかりを知るのも運命学の上手な利用法と言える。
運命鑑定を依頼する場合にも、すでに自分が動いて鑑定師を選択しているのであり、その瞬間出会いの吉凶は双方に発動しているのである。

よき出会いは自分自身の教養とか、眼力さえもがある意味、試されているということでもあり、何事であれ人生上の最後の責任は、結果的に自らに帰ってくるということであろうか。


占いにも 「鑑定スタイル」 がある
広い意味で占い師の鑑定スタイルには大別して二つある。
一つは
「天のお告げ派」とでも言っておこうか・・・、要するに “神なるものが指し示している” あるいは “霊を感じる” と称して自分以外の何か絶対の力がそう言わしめているのだ ! ! というタイプである。

比較的女性に多く、占断が「神 ?」・・・ ないしはそれに類する者の啓示である限り鑑定はかなり一方的ではあるが、詰まるところは “ただの?人間” を投影して見ているはずのこれら
「巷
(ちまた)の神」を信じるか信じないかでもあり、信じきればそれはある種の宗教と同じで、その人にとって大いなる救いに変わることもまったくないとは言えないのであろう。

しかし反面で、いつの間にか主宰者の性格破綻? にずるずると付き合うことになる危険(三面記事をよく賑やかしているケース)をはらんでいる場合の方がはるかに多いのであり、これを冷静に見極める眼を常に持ちつづける必要と、まかり間違えれば奈落の底まで付き合わせられる
覚悟が信じる側にもそれなりに要求される・・・ いわば尋常ではない関係の只中に我が身も在ると言うことでもある。

今ひとつは「学問的な裏づけ派」とも言うべき鑑定スタイルで、自分なりに運命学を勉強して、これをベースに相談に応じるといったタイプである。

知識を裏づけにしているからには運命学をどれほど実践に応用できているか ? あるいはいろんな相談に対応できるだけの社会知識を、信じるに足るほど備えているか? どうか? は大変重要であるにもかかわらず、その知識も、教養も、経験すら無きにひとしき者がなんと多きことか・・・。

かりにも人の生き様に手を突っ込んで人生相談に応じる以上、それなりの洞察力と、社会哲学のなき者は適格者とはいえないであろうに・・・。

どちらがよいかは読者の判断に任せるしかないのであるが、小生の私見については龍得水ホームページ上で公開している「人生をエッセイ集」欄の 目次(7) 人間は神?になれるのか? を含めた一連の「神」シリーズを参照していただければご理解いただけるのではないかと思います。

ただ占いを利用する側の心得として、単なる占い師といえどもこの道に20年、30年と精進した者であれば人の幸・不幸にそれなりの影響力を持つものであり、相談に当たって “たかが占い” と 相手を侮って怒りを買うことのない真摯な対応は心がけるべきといえる。


龍得水が主宰する個別の運命鑑定及び運勢判断については「占い鑑定メニュー」ページのなかで、それぞれの問題に対応して具体的に鑑定相談ができるように工夫して一覧表示しております。

また龍得水の四柱推命をベースにした新しい人物鑑定書となる ≪人物評価「通知表」≫ を希望される方も、このまま「生時推定アンケート」ページに入ることでお申込み手順等の確認ができます。

これらは下記をクリックするか、あるいは上段のページ切り替えボタンより入ることで随時ご利用頂けますので、自らの「開運力」の確認はもとより、他者の「人間性確認」をも含めた人物鑑定書の作成を希望される方は「通知表」ページへ、その他目的別の鑑定を望まれる方は「電話(メール)鑑定」ページから該当する鑑定相談項目をメニューの中から随意選ぶことでお申し込みは完了できます。


鑑定相談のお申し込みは右記「文字列」のクリックから どうぞ 電話鑑定お申し込みページ に

通知表お申し込みページ に



(注)PCをご利用の方で上段に14個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここ 「ホーム に」を クリック トップに戻れます


このページの先頭に戻る

最初の「表紙トップ」スタート位置に戻る


生時推定チェック
及び「通知表」申し込み
ページ
に 戻る
  次のページ
占い鑑定相談メニュー
料金一覧表ページ に
 
前のページ 生時推定アンケート&人物評価「通知表」お申し込みページに 戻る   次のページ 占い鑑定メニュー&料金一覧表ページへ


龍得水提携先リンクサイト
クリックすればページが開きます
龍得水相互リンク先サイト
特定商取引法に基づく表記
アドレスページに表示あり
龍得水バナー
ご自由にお使いください

本ホームページはすべての原稿を龍得水が執筆、編集、更新しております。
リンク切れ、文中の誤り、脱字、ご意見等がありましたら こちら からご連絡ください。


エンド・バー