(注) PCをご利用の方で上段に14個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここ 「ホームに」をクリック ボタン列が現れます   最初のスタートページに戻る場合は以下の文字列 スタート トップに」を クリック 戻れます

トップ・バー


見出しトップタイトル ≪社会的なる人間が ・・ その同じ社会で報われるためには、生まれながらの個性に “開運力” が伴なって始めて叶う≫

 そもそも龍得水が提案する ≪人物評価「通知表」≫ とは如何(いか)なるものなのか・・・?
そしてそれは社会生活の上でどのように必要とされ、またどのような基準と形式で作成されたものなのか・・・・・?。

これらのことを先ずもってご理解頂きたい思いもあって、いささか内容が説明文の多い構成となっておりますが “結果を先に” と、思われる方には「次のページ」で本「通知表」の全体内容も含めた実際の “鑑定書見本” を確認できるよう準備致しましたので “百聞は一見に如
かず” の諺(ことわざ)の通り以下をクリックすることでご納得いただけるものと信じます。
次のページは 人物評価「通知表」鑑定書
拡大見本ページ となります
先に 「次のページ」 に進む

「前のページ」 に戻る

またこのまま直接お申し込みページに入りたい方は以下の文字列 お申し込み案内を 見る”」 をクリックすれば手順等、案内ページに入れますので、ここで手続き等の詳細確認ができます。

それでは下記「見出し項目」から始まる “武器としての個性を” のテーマから順次その必要性、あるいは利便性を含め、それぞれのテーマに従って人物特性評価「通知表」の意義と重要性を申し述べて参ります。


武器としての個性を !!
四柱推命学の基本理念として “もともと人はそれぞれが個体として生まれながらの特性(個性)を備えている” という前提で論理展開されている運命学であります

それはあたかも「DNA」という遺伝子の中に仕組まれた「体内設計図」が、成長という時間の経過と共に粛々
(しゅくしゅく)と成長、展開されるようなもので、運命もまた「DNA」とは違った意味合いで「個性」がある種魔法のように人間ひとり一人を「運命的」に展開、個別化して行く ・・・ まさにこうした考え方を出発点として成り立っているのである・・・・・。

そしてその自分自身の個性を一つの “才能” として評価した場合、それが社会生活上どのような特性能力としての価値を備え、かつ発揮していけるのか?・・・

さらに、これを一歩進めて生活戦線を勝ち抜くための
「武器」と定義した場合、その武器、すなわち才能とか技術、さらには胆力をも含めたトータルとしての “人間力” によって他者との差別化がどれ程しっかりと「運命的」 に図られて “いるのか” ・・・ あるいは “いないのか を知ることは一人ひとりが “社会的なる人間” として生きていく上で大変重要なことである。

何故ならば、それこそがこの厳しい現実社会の中に置かれた自分自身の ・・・ いわば「正真正銘」の
“真の値打ち” を知ることであり ・・・ そしてさらにそれは今後の自らの生き方を決めるうえでの大切な “よすが” でもあるからに他ありません。

人生行路という先の見えない複雑な人間関係の大海原の中で、それなりに有効な羅針盤、すなわちナビゲーターとして、今回 龍得水が提案する
≪人物特性評価「通知表」≫ が人生のあらゆるシーンで役立つものと確信しており、これこそ「自分探しの、あるいは「他者を知るための ・・・ ささやかな、しかし確かな道標(みちしるべ)となることを願ってやまないのであります。


どのような才能も「運」が味方して始めて開く
人間の能力を評価する場合、最初に考えるのが特別な「才能」であろうか・・・・・?
学術・技芸においての秀でた能力は、それ自体生きていく上で大きな
“武器” となり得る。

しかしその反面で・・・ たとえ優れた才能といえども、その時代が要求する「社会の需要」、言い換えれば「ニーズ」とうまく “マッチ” しなければ、なんら報われることもなく同じ社会の片隅
(かたすみ)で埋もれてしまう・・・・・。

すなわち高い専門知識にしても、あるいは芸術としての音楽であれ、絵画であれ、演劇であれ、さらには発明、発見さえも、結果としてその時代のニーズに合っていなければたとえそれが特異稀
(まれ)なる才能であったとしてもただの変人扱いになってしまうのであり、その個性は開花することもなく社会の片隅に追いやられ、一生陽(ひ)の目を見ることもない・・・ これもまた一つの現実である。

“才能が有る”
ということと、“才能が報われる” ということは、もちろん両者とも “才能に恵まれているという前提にもかかわらず、結果においてかくも差異が生ずるは、これをと言い換えるしか他に思い当たる言葉がない程の圧倒的なる強い “天なるものの意思” を「実感」せざるを得ないのである!!・・・・・。

自分自身の特性を知るということはすなわちこの「天の意思」を受け容れることでもあり、ここを出発点としてもっとも重要となる「社会の中での自らの“開運力”」を確認することが出来るのであって、ここに至って始めて他者の人間性をも窺
(うか)がい知る手段、すなわち “ツール” として優れた「人物評価」 の “鑑定判断があらゆる場面で有効となるのであり、本提案がその期待に応えることを可能ならしめるものと信じます。

“彼を知り己を知れば、百戦あやうからず” と孫子の兵法にもあるように、先ず人間そのものを客観的に知ることがすべての第一歩と言えるのであります。

このように一個の人間を能力評価するには、社会的にその者が “どう報(むく)われていくか” の「運命的な開運力」の厚薄を無視することはできないのであり、ここに運命学的見地に立った「人物鑑定書」の重要性と存在価値が増々高まってくるのです。

それは下段にその概略を記すとうり各人各様にそれぞれが生まれたときから備える個性としての品性、価値観、行動原理、さらには喧嘩強さをも含めた “自分の意志” を万難を排して押し通す「パワー」が “有るや?否や” も問われるのであって、これらは半
(なか)ば運命的な要素の強い固有の性情でもあり、これが社会の中でどのようにうまく適合し、かつ能力・・・すなわち武器として “発揮されている” のか・・・?、あるいは “いない” のか?・・・ を知ることは、何にも増して “重要” と言う他ないのである。

またこれら性情が家庭生活の中でも上手に適応されるのか?、あるいはそうでないのか?・・・ の、「社会適性」と「家庭適性」の二つをメインに龍得水が長年運命学研究の立場から人物査定を試みたまったく新しいスタイルでの人間分析、すなわち
「人物鑑定書」の提案であります。


運命的なパワーと行動原理


運命的な可能性と社会適性
人が人を凌(しの)いで大いに活躍せんと欲するならば、それと呼応した気力・体力、あるいは喧嘩強さ等、他に倍するだけのエネルギーが必要とされる。

エネルギーは例えればエンジンの馬力のようなものであり、馬力高ければ悪路をもろともせずに強引に疾駆
(しっく)せんとなす。
逆に馬力低ければ慎重によき道を選び、悪路をかえって避けるようになるのである。

エネルギーの高低には一長一短があり、その活動性は高ければパワフルではあるが力まかせのわがまま強引さが仇となりやすく、低ければ思慮深く慎重だが悪路を嫌って事に臨んで逡巡
(しゅんじゅん)しやすい基本的な行動原理を運命としてそれぞれが抱え込むことになるのです。

人はまた、ひとり一人が生活戦線の中で固有の価値基準を醸成するに至り、その基準に拘(こだわ)った行動原理をもっている。

たとえば
勝ち負けにことさらにこだわる者、あるいは 組織の中での権威や名誉をまず重く望む者、または 金銭・財産に必要以上に執着する者さらには マイペースを乱されることをことのほか嫌う者 等々、結構いろいろの価値観に自らが縛られていることがわかる。

このように人は一見なんでもできるようでいて意外と頑固で不器用でもあり、人間関係の中でも、あるいは社会的な活動の場の上でもそれぞれが適・不適を切実に感じ、素直な自分の素質や実力を発揮できずにストレスを抱え込み、悩んでいる者が多い。


見出しタイトル ≪なによりも自己を知ることが他者を知ることの第一歩となる!≫

要はこれにより自分、あるいは他者がどういう “スタイル の人間” か? をたずねるもので、人によって異なる社会的な行動規範や性格的特徴を把握することにより、その者の能力や
「活動スタイル」を再確認することができるのです。

それはそのまま客観的な自己を知ることでもあると同時に、他者との基本的な「相性」の違いの認識とその付き合い方、さらには自分自身の可能性や生き方をも決める重要な「トータルとしての “人間力”」の確認が可能で、大切な「社会活動」でもある就職の際の “適正” を判断する一助ともなり得るものであります。


さらには、会社や事業・組織等で将来を担う人材を応募者の中から選定・採否したり、あるいは会社員、従業員を適材・適所に配するための重要な
「適性評価」としての参考資料にも耐え得るものと信じます。

また子供が成育していくに従って、どのような特徴を備えた大人に成長するのかを親の立場から客観的に評価することも出来るのであり、将来の進路決定に資すること・・・ すなわち
“どう養育すべきか” に備えることも可能で、必ずや大いに役立つものと自負しております。



以下この人物特性評価「通知表」の縮小サンプルを示します。
実際の鑑定書はB5判で5〜6ページの分量となったものをお届けしてしております。

これら「通知表」の各ページごとを拡大し、実際の鑑定内容まで読めるようにページ別に編集したサンプル見本の一覧表は、下段の「次のページ」ボタンより進むことで確認が出来ます。




人物特性評価「通知表」サンプル


≪ 人物特性評価「通知表」の表紙も含めた全ページの一覧サンプルです ≫

1頁目 2頁目 3頁目 4頁目 5頁目 6頁目
人物評価「通知表」1ページ目 人物評価「通知表」2ページ目 人物評価「通知表」3ページ目 人物評価「通知表」4ページ目 人物評価「通知表」5ページ目 人物評価「通知表」6ページ目
表紙         裏表紙
人物評価「通知表」表紙
表紙から始まって1頁目から6頁目までの各ページごとの「縮小サンプル」です。

別にこれらの
「拡大サンプル」については以下の手順でご覧いただけます。
人物評価「通知表」裏表紙
人物特性評価「通知表」の上記 1〜6頁目までの各ページごとの拡大サンプルでは鑑定内容が判読できます。
確認したい方は下段右側の
「次のページ」ボタンをクリックして進んで下さい。
人物評価「通知表」のお申込みについては同じく下段左側に設置された「生時推定アンケート」ボタンから入れますが、最上段に12個のボタン列現れる場合はその中の「生時推定アンケートページ」ボタンからも進むことが出来ます。


(注)PCをご利用の方で上段に14個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここ 「ホーム に」を クリック ホームに戻れます


このページの先頭に戻る

最初の「表紙トップ」スタート位置に戻る


前のページ
運命学を考察する
に戻る
  お申込みページ
及び生時推定用
ご記入案内ページ
 
  次のページ
人物評価「通知表」鑑定書
拡大見本ページ に
 前のページ 運命学の現状を考察する に戻る    人物鑑定「申込みページ」 生時推定アンケート及び人物評価「通知表」お申し込みページに進む   次のページ 人物評価「通知表」鑑定書の実際の拡大見本ページへ


龍得水提携先リンクサイト
クリックすればページが開きます
龍得水相互リンク先サイト
特定商取引法に基づく表記
アドレスページに表示あり
龍得水バナー
ご自由にお使いください

本ホームページはすべての原稿を龍得水が執筆、編集、更新しております。
リンク切れ、文中の誤り、脱字、ご意見等がありましたら こちら からご連絡ください。


エンド・バー