(注) PCをご利用の方で上段に14個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここ 「ホームに」をクリック ボタン列が現れます   最初のスタートページに戻る場合は以下の文字列 スタート トップに」を クリック 戻れます
     
本ホームページはパソコン(PC)用に作成されたもので携帯端末をご利用の場合はレイアウトが崩れて読みづらいページもあり、PCで改めて再読み込みをしてご覧下さい。

トップ・バー

見出しトップタイトル ≪四柱推命学「初学詳解」≫

四柱推命学 「専門 用語」 集
50音別 索引 一覧表


 数ある運命学の中でも「四柱推命学」は誰もが “飛びぬけて難解である” と言い、さらにその的中率もこれまた “飛びぬけて高い” と評され続けている・・・・・。

それだけ専門性も高く、習得するにはこれらを理解するために “それなり” の時間が最低限 “要る” ということであって、龍得水がホームページ上で公開する四柱推命学「基礎編」の講座シリーズもこの考え方を基本スタンスとして執筆・編集を加えてきたものであります。

本学の素晴らしさは人間自身が営々と築いてきた「社会」という “広くて濃密なフィールド” の中で生き残るための行動結果として織り成す互いの利害衝突や、そのプロセスで生じる喜怒・哀楽の赴くところを推察する卓越した洞察力の深さであり、「人間学」といっても過言ではないほど他の運命学の追随を許さないものがあるのです。

これらの基本理解の一助として新たにページを起こしたものが本ページであり、龍得水が主宰する「講座シリーズ」で度々にわたって説明に及ぶ本学の原理・原則を構成する専門用語の数々、さらには各種項目とそれにまつわる用語の解説、また多数の神殺、星神、等々、総ての単語の意味を “50音別に集約” し、これを「索引表」にして一覧表示することで “今知りたいこと” をダイレクトに確認できるように編集したものであります。

本来ならば順を追って学習してこそその全体像も顕
(あき)かになってくるのですが、学習したはずの項目の内容が詳しく思い出せない、あるいは単発的に一つの用語のみを知りたい等々、「字引」のように索引が出来るページがあればそれはそれでまた便利かと思い下段にその一覧表を掲載するところであり、上手にご利用いただければ幸いであります。

                                                   龍得水


龍得水の「四柱推命」編 スタート トップ に戻る

四柱推命学「基礎編」講座トップ 目次に戻る




四柱推命学 「基礎編」 シリーズ 専門用語集
五十 音 別  【 索 引 】 一覧表

( この50音別 「索引」 一覧表は現在も項目の追加記述が進行中であります )
あ 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 仇する神。 暗合格。 暗神格。 暗冲格。 暗禄
 亥性情。 一行気得格。 印綬の性能。 印綬格。 忌む神。 戌の性情。 陰暦 異常干支
 卯の性情。 丑の性情。 午の性情。 運命エッセー集(目次)運命学教室案内
 駅馬。 炎上格。 エッセイ集(目次)
 夫の吉凶。 旺衰・強弱
か 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 外格。 格局論。 格局の構成。 格式の種類。 化火格。 化気格。 化金格。 化水格。 化土格。 化木格
 庚の性情。 辛の性情。 稼穡格。 官殺混雑格。 官印格。 冠帯。 魁罡。 華蓋。 隔角。 寡宿。 咸池
 会員限定サイト案内。 干支八字。 鑑定料金一覧
 強旺の命。 兄弟・姉妹の吉凶。 金輿禄。 夾禄。 強旺格。 棄命格。 喜神。 忌神。 救神。 仇神
 甲の性情。 乙の性情。 曲直仁寿格。 旧暦教室入門案内
 空亡の理解
 月支の重要性。 月律分野蔵干。 月律分野蔵干深浅割合。 月律分野蔵干早見表。 月柱。 月柱の通変星
 月令。 月令を得る。 月徳貴人。 月徳合。 血刃。 建禄
 五行の理。 五行の性能。 五行生尅図。 五行制尅・生化。 五行の旺衰・強弱。 五行別の四時・旺衰表
 五行・五徳。 劫財の性能。 干合。 紅艶。 国印。 劫殺。 紅鸞。 孤辰。 黄旛
さ 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 申の性情。 三刑。 三合。 三合印格。 三合財格。 三合食神格。 三合傷官格。 三合正官格。 三命
 最強旺の命。 最弱衰の命。 雑気格。 財官格。 財殺格。 殺印生化格
 四柱推命学の起源。 四柱推命学の思想。 四柱推命学概論。 四柱推命学教室入門案内四柱八字四旺
 四生。 四墓四柱位取り。 四柱干支の配列。 四時の旺衰表。 四惑・十悪。 七冲。 七殺。 十干。 十二支
 十二支制尅早見表。 十干・干合図。 十二運星。 十二運星引従法。 十二運星の活用総論。 時柱
 時柱の通変星。 。 子平。 自刑。 支合。 弱衰の命。 子女の吉凶。 食神の性能。 傷官の性能
 時禄。 時上一位貴格。 食神格。 傷官格。 従格。 食神生財格。 食神制殺格。 傷官生財格
 傷官佩印格。 傷官破れ尽す格。 従革格。 従児格。 従財格。 従殺格。 従官格。 潤下格。 神殺看法
 神殺早見表。 神殺の吉凶。 人物鑑定見本。 「人生をエッセー」集(目次)
 。 救う神
 正財の性能。 正官の性能。 正財格。 正官格。 成格。 制殺格。 井欄斜又格。 。 節度貴人
 制尅・生化。 0(ゼロ)の占命法
 相生五局。 相成五局
た 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 辰の性情。 。 大陰暦。 大極貴人
 地支。 地支の五行配当。 地支の性能。 地支の方合。 地支の三合。 地支の六合。 地支の七冲
 地支の三刑・自刑。 地支の六害。 地支の破。 地支の活用総論。 地支制尅早見表。 地支・月盤図
 地支・方位図。 地支・時刻図。 地支・方合図。 地支・三合図。 地支・六合図。 地支・七冲図。 地支・六害図
 中位の命。 長生。 弔客
 通変星。 通変星の活用総論。 妻の吉凶。 戊の性情。 己の性情。 通知表見本
 天干。 天干の五行配当。 天干の性能。 天干合して変化の理。 天干・干合図。 帝旺。 天中殺。 天乙貴人
 天厨貴人。 天福貴人。 天官貴人。 天徳貴人。 天徳合。 電話鑑定案内
 時の干支早見表。 特殊格局。 倒冲禄格。 寅の性情。 酉の性情
な 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 内格
 二十四節気一覧表。 日柱。 日柱の通変星。 日干の力量。 日徳日。 日貴日
 
 年柱。 年柱の通変星
 
は 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 。 破格。 破格の条件。 配偶者の吉凶。 八字。 パスワード取得案内。 
 比肩の性能。 丙の性情。 丁の性情。 未の性情。 飛天禄馬格。 。 飛刃。 病符。 白虎殺
 父母の吉凶。 福星貴人。 文昌貴人。 分野蔵干早見表
 偏財の性能。 偏印の性能。 偏官の性能。 偏財格。 偏官格。 偏印格
 亡神。 。 方合
ま 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 
 壬の性情 癸の性情。 巳の性情。 
 
 命式。 メール鑑定案内
 沐浴。 文昌貴人
や 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 
 
 羊刃。 喜ぶ神。 。 陽生・陰死。 用神寄る辺なし
ら 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 
 流霞。 両神成象格。 龍得水「エッセイ」集(目次)。 料金一覧表
 
 
 六合。 六害。 六十干支。 六親の配当。 六親の通変星。 六親骨肉の吉凶。 六親配当系譜図
 禄馬同郷。 六星占術。 禄馬
わ 行  索 引 (項目をクリックすれば関連説明が開きます)
 我が身日干




また別に、四柱推命による
“ご自身の運命 をこの機会に是非一度確認してみたいと願われる方には、かねてより龍得水が提唱する四柱推命学をベースにした人物鑑定書をお届けしております。

これらは人物評価「通知表」と名称して作成されるもので、これがどのようなものであるかは
“現物見本を含め” 以下に示した文字列をクリックすることで確認が出来ますのでご参照下さい。

  人物評価「通知表」の内容ご案内ページ に



これより以下に
     ご案内するのは
 

本 Web上にて一般公開している「基礎編」シリーズとは別に、熱心に運命学を愛好されている方、また初学であっても本格的に勉強してみたいと思っている方、あるいはプロを目指して勉強されている方も含めて “とりあえず独学でもう少し勉強したい” と思われている方々のために、より専門性を強めた会員制の「限定」シリーズとして Web会員専用の「運命学・特別サイト」を “上級編” としての位置付けで開設・運営するところであります。

これら Web会員専用の「運命学・特別サイト」での “講座シリーズ” を閲覧、ご利用いただくには 龍得水発行の「パスワード」が必要となりますので、ご希望される方は以下の文字列をクリックしてページを開き、ここでその内容、あるいはお申し込み手順等を確認し、ご納得いただければメールにて誰もが「パスワード」を入手することが出来ます。

「パスワード」を取得することで今後は自由にこの「専用サイト」への出入りが可能となりますので心行くまでご利用いただければ幸いであります。


  「パスワード取得の案内ページ」に


この Web会員限定の「運命学」専門サイト内には、「四柱概論」ページとして年柱・月柱・日柱・時柱それぞれに現れた通変星の意味の理解に始まり、天乙貴人、大極貴人、福星貴人、節度貴人、天厨貴人、天徳・月徳の各貴人、さらには羊刃、駅馬、禄馬同郷、日徳、日貴等々、多数に及ぶ神・殺星の説明に続き、また別に日干を中心とした六親眷族を通変星に置き換えた六親、すなわち各親族を通変星に配当した解説も図表付きで解りやすく収められております。

また本学を活用するための基礎でもある日干の旺衰・強弱の判定法もその論理的背景を含めて例題付きで解説しており、充実したページ構成となっております。

他にも非公開版のより詳しく解説されたもう一つの「格局
(かっきょく)論」ページも掲載中であり、これら「格式」、「格局」の考え方は運命学としての四柱推命学が他の運命学に比して最も優位性を維持している基本原理であって、この構成原理の理解なくして本学の真髄に迫ることなど到底出来ない中心的な根本概念でもあるのです。

その一つは太陽エネルギーが及ぼす絶大な影響力としての寒暑・冷暖をストレートに代弁する月支を中心とした内格法で、月支に “食神” が透干すれば「食神格」と看做
(みな)し、以下これにならって「傷官格」、「偏財格」、「正財格」、「偏官格」、「正官格」、「偏印格」、「印綬格」の内格・八格を指すものであります。

いま一つは外格法であり、これは「曲直仁寿格」・「炎上格」・「稼穡
(かしょく)格」・「従革格」・「潤下格」を擁した「一行気得格」、そして理論基盤を同じくする「強旺格」、さらには「従児格」・「従財格」・「従殺格」・「従官格」を含めた「従格」、別名「棄命格」が有り、他にも「化気格」、「両神成象格」、「暗冲格」には「飛天禄馬格」・「倒冲禄格」・「井欄斜又格」が含まれ、さらには同じ原理から「暗合格」、また別に「雑気格」等々、格局論には欠かせないこれら特殊格局の説明が数々の例題付きで解説されたページとなっております。

また同じく非公開の四柱推命学の基本中の基本である “通変星” をよりいっそう論理的に把握したいと思っている方のための「通変星・自在論」ページも各通変星別にその原理原則の説明と同時に性格看法、適職看法等々、その活用性を詳細に亘って解説・掲載中であります。

龍得水が長年の研鑽
(けんさん)を基に「四柱推命学」の根本を理解する上で他の類書とは異なる視点から解説を試みたもので、他にも運命学全般にわたって解説したページを加えて執筆・再編集した特別サイトであり、大いに参考になるものと信じます。

これら会員限定の講習ページをご覧になりたい方は上記ご案内の通り龍得水発行の「パスワード」が必要であります。
上記に示した「パスワード取得」の文字列をクリックして案内ページを開き、内容をご確認の上ご納得いただければ所定の手続きを経ることで自由に入手できますのでご利用下さい。

                                                龍得水



講座シリーズ
四柱推命学「基礎編」
トップ(その1) に
ページ移動ボタン 四柱推命学「基礎編」シリーズ トップ(その1)に戻る



龍得水の「四柱推命」編 スタート トップに戻る


初筆 2013/07/25
最終加筆 2015/10/20

エンド・バー