(注) PCをご利用の方で上段に14個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここ 「ホームに」をクリック ボタン列が現れます   最初のスタートページに戻る場合は以下の文字列 スタート トップに」を クリック 戻れます

トップ・バー

見出しトップタイトル ≪龍得水 推命学入門・講習の案内≫

“運命学の至宝”
四柱推命学理論を学ぼう
龍得水 「推命学教室」


龍得水の「四柱推命」編 スタート トップ から見る

サイト内ページを一覧できるホームに戻る



龍得水
・主宰
 四柱推命学 教 室

講習 を希望される方の
「入門
手順 」

ご 案 内

四柱推命学は数ある運命学の中でも群を抜いて高い的中率を誇っており、またその内容構成においても他の追随を許さないほど論理的で、天地自然の理を摂り入れた最も合理性のある学問として、今日に至るまで変わらぬ評価で君臨し続けて居ります。

しかし論理的であるが故に基礎的な原理原則の約束事も多く、入り口でつまずいてしまうとそこから先の習得がより一層難しくなってしまい、結果、中途半端な理解に終始してその奥の深さに触れることが出来なくなってしまうのもまた本学の難しさを如実に表わしている一方の事実でもある・・・・・。

ことほど左様に本学の習得が “難しい” からこそ、逆にあえて勉学する値打ちもまた “ある” と云うべきであって、
四柱推命学を本格的に習いたいが難しすぎてどうも・・・ と思われている方、あるいは途中で已む無く断念してしまったが再挑戦してみたい・・・ と希望される方も、この際是非とも本学の奥の深さに “触れ直す” 絶好の機会になればと思い、自らの浅学非才も顧みずに本(Web上)にて企画、ご案内申し上げるに至ったものであります。

もとより、本学を含め、
“運命学を勉学したからといって一体(いったい)それが「何ほど?」のことがあろうや ?” と、云う思い方もあり、実際の問題として自らの基本的な “命運” をそうそう容易(たやす)く変更することを “可” とする見方をとっていない・・・ すなわちこの考え方は本学の依って成り立つ原理・原則の根幹にも触れる重大な論理矛盾を来たすものであり、当然のことながらこれを是とする立場で本学は根本的なところで成り立っていないのである。

(しか)らば本学を勉学・習得する意義は那辺(なへん)にあるのであろうや・・・・・?

一個の人間がこの地球上で “命
(いのち)” を持って誕生した瞬間に有しているであろうという大前提に立って論ぜられるところの・・・ この “命運” の在り様を・・・・・ 我々人間はどう定義し、どう学べばよいのであろうか?

これらの命題に応えることに一生懸命に取り組んでいるのがまさに「四柱推命学」であり、本学が人間社会の中での有用性を立証する上で最も必要となる「社会と個人」の関係を、“日干と月支”、さらには “日干と他の通変星” という関係に置き換えることで現実社会の事実関係に限りなく近付けて再現していくこの展開力の素晴らしさは、まさに本学の独壇場であり、ここに “哲学をもった運命学” と評される所以(ゆえん)もあるのです。

故に本学を学び、習得することの意義は絶対に “ある” のであり、またその思いをもって龍得水もここまで拙
(つたな)いながらも一連の四柱推命学シリーズを Web上で発表し続けてきたつもりであります。

漠とした “運命” を占う「運命学」は所詮 “当てもの” でしかないとも謂える・・・ が、しかしその “運命” なるものは一個の人間の人生そのものを背負っているのであって、そのとき “運命” は「運命学」という狭い分類の中でのみ論じられるだけではなく、同時に「哲学」の範疇(はんちゅう)でも論じられなければならない “幅の広さと奥の深さを持った学問でもある” と思うからに他ならないのである。

そのためには、四柱推命学を勉強する過程で先ず基本的な約束事から構築される独特の論理展開を理解する必要があり、これがなかなか難解であるということもさることながら、同時に自らの人生経験的な習熟度も併せて問われる学問でもあるのであって、小生のささやかな経験を照らし合わせて考えてみても独学ではなかなか性格一つでさえも腑
(ふ)に落ちるまで何年も要し、況や一個の人間が社会的にどう活躍出来るのかを想像できるまでずいぶんと回り道をしてしまったと齢(よわい)七十を越えてつくづく思うのです。

独学で学ぶということの難しさは「限られた人生」という “時間の使い方” を一方で問い続けざるを得ない側面もあり、私事で恐縮ではありますが今から思えば忸怩
(じくじ)たる思いもあって、この取り返しのつかない問題を教訓とすることで、これから学ぶ者へのメッセージとして “師を選ぶ道” も選べるならば考慮することを強く薦(すす)めるところであります。

◇ ◇ ◇     ◇ ◇     ◇        ◇     ◇ ◇     ◇ ◇ ◇


龍得水の講習を希望される方は以下の手順に従ってお申込み下さい

(1回30分)の電話講習となりますが、別に通える方は曜日と時間を定めての直接講習による教室も運営しており、講義時間は(1回=1時間)ないし(1時間30分)となります。

電話講習の方でも直接聞きたいときはその都度、時間を定めて来所・講習されるも可能であり、一人づつのご希望に応じてご案内させていただきますので、独学でマスターしようとするよりは随分と心丈夫かと思います。

四柱推命学は運命学の基本である五行理論を最も大切にした学術で、他の運命学への応用も非常に楽になる利点があり、難しいですがこれを乗り越える価値もまた大きいといえるのです。

ただ、だからといって各人各様の複雑に込み入った人生相談に、そうそう簡単に応じられるものではないことも一言申し添えておきます。

相談に応じられるまでにはそれ相応の勉学と、人生経験からくるところの社会性なり、人間性の裏ずけも必要であり、基礎的な学力は熱心に打ち込めば1年か2年位である程度の習得はできるとしても、営業を志すならば少なくとも更に3年から5年ぐらいの修養期間は必要かと思うのです。

四柱「推命学」はその言葉の意からしても「人間学」といえるほど個人の性情、人間関係の機微、社会の有り様に通じるものがあり、一人自分のためにだけ学んでも大いに得るところのある深い思想に触れることが出来るものと確信しております。


またこれら入門講習とは別に 独学でしばらくは勉強したい と思っておられる方には Web上にて会員専用の「運命学講座 “特別サイト”」を運営しております。

この Web会員専用に新設された「運命学専門サイト」のご利用には龍得水発行の「パスワード」が必要となりますのでご希望の方は以下の文字列をクリックして「案内ページ」を開き、ここでその内容、お申し込み手順等を確認し、取得手続きを済ませて頂ければメールにて誰もが簡単に入手することができます。

「パスワード」取得後は自由に本 “特別講座” への出入りが可能となりますのでご利用下さい。


  「パスワード取得の案内ページ」に

なお、上記 Web会員資格は本ページにて紹介する「教室」への入門手続きを済まされた方には自動的に「パスワード」が発行され、自由な出入りが可能となると同時に教室での講習のテキストとしても活用されます。


本編 “講座シリーズ” とは別に、四柱推命で
ご自身の運命」” そのものを確認してみたいと願われる方には、かねてより龍得水が提唱する四柱推命をベースにこれを “通信簿形式” で個人的に作成した「人物鑑定書」をお届けしております。

これらは
“人物評価「通知表」” と名称して作成されるもので、これがどのようなものであるかは現物見本を含め、以下に示した文字列をクリックすることで確認が出来ますのでお進み下さい。

 
人物評価「通知表」の内容ご案内ページ


是非この機会を通じて四柱推命学に興味のある方は、深遠なる本学の一端に触れ、かつ少しでも奥へ進まれることを願ってやみません。

以下、入門、講習案内の詳細を記しますのでその内容をご確認下さい。




入門、講習内容のご説明
龍得水著 四柱推命学手書き解説書
 ☆  上級者コース  入門料  15万円
      (初心者の方も歓迎・選択可)

 ☆  初級者コース  入塾料   5万円

        ◇  ◇  ◇

 ☆  受講の基本料  (30分)  5千円

 ☆  講習要領
    (1回30分 5千円の場合のケース)

受講が週1回で月4回分のケースならば受講月謝(2万円)を毎月の始めに前払いして頂くことになります。(通える方には直接講習を勧めます)

左記龍得水直筆のテキスト本2冊の目次に従って講義を進めますので初学の方も安心です。

詳細は下記「入門取り決め」に従うものとします。

なお Web会員の方も入門者に準ずるものとし、電話講習のみ(1回30分=5千円)で受け付けます。

Web会員でもなく、また入門手続きなしの単発講習の場合も(1回30分=1万円)で受講は受付ます。

問い合わせ等はアドレスページの「龍得水伝言メール」をご利用ください。


上記のテキスト本は茶色の表紙の本が四柱推命学入門・入塾 (初級者用)テキストとなっており、これら主だったところは既に一部は四柱推命学「基礎編」シリーズとして掲載中で、五行理論に欠かせない十干・十二支の解説から生年月日時を見ての四柱命式組織にいたるまでを案内するものであり、初めての方でも順を追って理解が出来るように構成されております。

紺色のテキスト本は少し奥に入った内容(上級者以上)になっており、現在本ホームページ上で一部公開を試みた一般公開版となる「格局論」はこの本より一部抜粋したものを掲載したものであり、その概略を順を追って解説したものです。



お詫びとご案内
入門案内については多くの方よりお問い合わせを頂き、特に講習を受ける場合の具体的な手順等における説明とは別に入門取り決めについても改めて下記ご案内の如くの内容で「入門規約」をまとめるに至りました。
よろしく以下の文字列をクリックしてご一読いただき、ご理解のほどをお願い申し上げます。

 龍得水 運命学教室「入門規約」一覧

また入門・入塾とは別にちょっと単発で教えて欲しいという要望も多く、この場合は入門手続きなしで(受講料 30分=1万円の割合で)応じますので、同じように下記手順案内のお申込みフォームをご利用くださるか、直接龍得水宛てにメールしていただければ要領をご案内申し上げます。



龍得水 主宰の ≪推命学教室≫ お申込み手順表

お申込み手順のご案内

推命学入門講習お申込みフォーム
手順 1
右記のお申込みフォームにしたがって所定の事項をご記入後、記入事項に誤りがなければ送信ボタンをクリックして送信を完了してください。
手順 2
龍得水宛に上記手続きによる「推命学受講の申込み」が受信され次第、貴メールアドレス宛に正式にお申込み完了メッセージ(自動返信ではありませんので遅れる場合もあり)が発信されます。
手順 3
当方からのお申込み完了メッセージが届き次第、入門料の15万円(分割納入の場合は初回分10万円)をお支払いください。*単発受講者は除く*
但し、初級者コースを選択の方は入塾料5万円を一括払いとなります。
銀行振り込みをされる方はメール案内にしたがって記載の銀行口座にお振込みしてください。
手順 4
入門・入塾料の入金が確認され次第貴メールアドレス宛に入金完了メッセージが届きます。
同時にテキスト本2冊(初級者コースはテキスト本1冊)と早見表が郵送されます。 *単発受講者を除く*
手順 5
手続き完了の翌月より講習がスタート出来ます。
曜日と時間の設定はメールか電話で決めさせて頂きます。
1ヶ月の講習時間が決まれば受講料を毎月、前払いにてお支払いをお願い申し上げます。
  男  女
お名前
フリガナ

生年月日 大正 昭和 平成
年 月 
生れ時間 24時間制記入時 

入門コース
の選択
上級者コース
初級者コース
入門料
の支払方法
上級者コースは
分割払いも選択できます



初級者コースは
5万円一括払いのみ

月間受講
回数
受講
時間
上記受講の回数、時間、さらには曜日や講習を午前/午後の何時からにするか等は、入門手続き後適宜話し合いで決めるも可とします。

郵便番号
住所

電話 1
電話 2

メールアドレス

以上ご記入に誤りがなければ最後にメールアドレスを入力し、下記の「送信する」ボタンを押せば龍得水との入門契約のお申し込みが完了します。

そうでない場合は「クリアする」ボタンで記入事項がキャンセルできます。


連絡事項欄(100字まで)

振込先のご案内
三菱東京UFJ 銀行 岡崎支店
普通口座 3922477 龍得水 宛て
2016/02/01 改定
このページの先頭に戻る

龍得水「四柱推命編」 ホームページの表紙 トップに戻る






入 門 規 約


入門料は上級者コースで(初心者の方でもこのコースから出発できます)15万円となります。
但し上記金額を初回10万円、2回目に5万円と2ヶ月に分けて合計15万円の分割納入を認めます。 (初回の10万円入金と同時にテキスト本は送付されます)
最初から初級者コース選択の場合は入塾料5万円となり分割納入はありません。


入門料の分割納入中に都合で途中休講された場合も、継続は残りの入門料をお支払い頂く事で何時からでも自由に受講が再開できます。
但し、分割納入中での中途脱会については残金の納入は求めませんが、すでにお支払いいただいている分の返金義務は龍得水に無いものとします。


講習は月4回を限度とし、曜日と時間は双方の話し合いで決めます。


講習時間は1回30分か1時間(来所しての直接講習のみ1時間半も可)を限度とします。


受講料は30分間5,000円を基準とします。
1回30分で月4回ならば2万円、1回1時間で月4回なら4万円を、毎、月始めに前払い振込みでお願いします。 (来所しての直接支払いも可)


入門・入塾料入金(分割納入の場合は初回金)と、受講料1か月分の入金の翌月より講習はスタートできます。
また電話講習の場合の通話料金は、受講生の側より電話をして頂くことでご負担をお願い申し上げております。
講習期間は初級講座を50時間、上級講座は100時間の講習時間を目安とし、上級講座卒業と同時に以降は龍得水門人として互いに運命学を研鑽する対等の立場での付き合いとなり、意見交換、出入りは自由となります。


卒業と同時に証として龍得水より「雅号」が付与され、終生門人としての資格を失うことはありません。
但し、初級者コース入塾を選ばれた場合は初級講座の修了を待って、その後本人が希望すれば上級講座に移行し、これを卒業すると同時に門人としての資格を有することが出来、併せ「雅号」が付与されることになります。


本会の名誉を著しく傷つけたり、またそれに類する行為、あるいは他の会員への迷惑等が認められた場合は当事者に是正を促がし、聞き入れられないときは資格を剥奪し、破門できるものとします。


龍得水の死亡等、明らかに講習の続行が困難と判断される場合、門人協議して龍得水以外の者により続行されるを第一義とするも、これが困難の場合教室は自然消滅したものとみなし、入門・入塾料及び受講料等、一度お支払い頂いた金品の返金義務は原則龍得水及びその家族にも一切無いものとします。 (入門料納入後一度も講習を受ける暇もなく教室が閉鎖された場合はその限りに非ず)
但し、病気等で已む無く休講の場合は回復すれば講習は続行され、門人の権利を損なうことはありません。

龍得水主宰の教室に入門・入塾し、四柱推命学講座を受講される方は概略以上の「入門取り決め」を納得された後、上段の「推命学入門講習お申込みフォーム」に所定の要項をご記入のうえ「送信」してください。






四柱推命学
「基礎編」ページ
トップに戻る
  人物鑑定「通知表」
お申し込み案内
ページに進む
ページ移動ボタン 四柱推命学「基礎編」ページトップ(1)に戻る   ページ移動ボタン 人物鑑定「通知表」ページに進む


エンド・バー